643 views

1年で-6kg痩せた!吉岡里帆のダイエット方法6選

吉岡里帆

こんにちは。
ゴシップ大好き、モデル体型に憧れて25年「美活カタログ」ライターの林田萌です。

このページでは、今やドラマやCMで大活躍の吉岡里帆さんのダイエット方法について調べてみました。

吉岡里帆さんは、NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」で注目を浴び大ブレイクしました。

その後、TBSドラマ「カルテット」やTBSドラマ「きみが心に棲みついた」などに出演し人気を集め、2017年にはNHK紅白歌合戦の審査員も務めるほどまで有名になりました。

吉岡里帆さんの身長やスリーサイズは?

吉岡里帆さんは女優業だけでなくグラビアでも活躍していて、身長158cm、B82、W60、H85の健康的なメリハリボディが魅力的です。

吉岡里帆さんは女優を目指す際に1年で-6kgのダイエットに成功しました。

食べたら食べた分だけ太ってしまう体質だそうで、日ごろから体型維持のため食事管理などは気を付けているそうです。

吉岡里帆さんのダイエット方法は?


吉岡里帆さんが成功したダイエット方法や体形維持の方法をご紹介します。

吉岡里帆さんのダイエット方法1:温活ダイエット

mina @mina.magazine

吉岡里帆さん(@riho_yoshioka)がシェアした投稿 –

女優を目指して1年で-6kg痩せたときのダイエット方法が、「温活ダイエット」です。

温活ダイエットとは低くなった体温を適正温度まで上げ、代謝をアップさせることで痩せやすい身体をつくるダイエット方法です。

適正温度は36.4℃~36.9℃で、体温が1℃上がると代謝量が13%もアップするといわれています。

代謝が上がり、消費エネルギーが増えることで体重を落とすことができます。

吉岡里帆さんは、朝はフルーツとホットミルク、昼夜は野菜のスープや味噌汁を中心とした食生活を続けていたそうです。

さらに「生姜紅茶」「たんぽぽ茶」を飲んで、常に体があたたかい状態をキープしています。

「ショウガ」は身体を冷やさないための必須アイテムで、チューブを持ち歩いてどんな料理や飲み物にも入れているとのこと。

食事だけでなく、靴下を4枚履きするなど身体を冷やさない工夫もしているそうです。

温活ダイエットは他にも、湯船に浸かって身体を芯から温めたり、インナーマッスルを鍛えて身体を温めやすくしたりすることも代謝アップにつながります。

そして温活で体温を上げることはダイエットだけでなく、身体の不調を改善したり、美肌にも効果があります。

吉岡里帆さんのダイエット方法2:フルーツ主体、りんご&柿ダイエット

吉岡里帆さんはフルーツ主体の食事をすることが多いようで、特にりんごを食べるそうです。

りんごは「りんごダイエット」が流行ったこともありダイエット食材として有名ですよね。

りんごにはたくさんのダイエット効果があり、1食の炭水化物と置き換えることで摂取カロリーを4分の1以下に抑えることができます。

りんごポリフェノールには脂肪の蓄積を防ぎ、効率的に脂肪を燃焼させる効果があります。

そして水溶性、不溶性の2つの食物繊維が含まれており、お通じをよくしてくれるので便秘を解消することができます。

また秋になると柿をよく食べるそうで、お祖母さんの「柿にはたくさん栄養があるから身体に良い」という助言がきっかけのようです。

柿には体内の活性酸素を除去する「抗酸化作用」があります。これにより細胞が活性化するので、新陳代謝が活発になるのです。

血液促進効果もあり、身体の隅々まで酸素や栄養素を届けることで、さらに新陳代謝をアップさせることができます。

柿にも水溶性の食物繊維が含まれているので便秘解消にも効果があります。

このようにダイエットに効果があるフルーツで1食置き換えたり、炭水化物の代わりに摂取することでカロリーを抑えられるだけでなく、身体とって良いさまざまな栄養素を摂ることもできます。

吉岡里帆さんのダイエット方法3:ヨーグルトによる腸内フローラダイエット

先ほどのフルーツ主体の食事と相性が良いのがヨーグルト。朝はヨーグルトも一緒に取ることが多いそうです。

「腸内フローラダイエット」とは、腸内環境を整えて痩せやすい身体をつくることです。

腸内には「やせ菌」と「デブ菌」がいて、同じ量を食べていても太る人太らない人はこの菌の差があるといわれています。

肥満の人には「デブ菌」が多く存在するので太りやすくなってしまいます。

デブ菌は食事を改善していくことで減少させることができます。

腸内フローラを育てるには、ヨーグルトによる乳酸菌だけでなく納豆などの発酵食品や食物繊維を多く含む食品などが良いとされています。

吉岡里帆さんのダイエット方法4:野菜スープ、野菜味噌汁ダイエット

吉岡里帆さんはフルーツだけでなく、野菜も積極的に摂取しているといいます。

普段から自炊を心がけていて、野菜たっぷりのスープや味噌汁を飲むようにしているそうです。

もちろん、このときにも身体を温めるショウガは必須です。

野菜をたくさん取るのは大変ですが、スープや味噌汁にしてしまえば忙しい時でも煮込むだけで簡単に作ることができ、栄養も満点です。

サラダは身体を冷やしてしまうので、せっかくダイエットをするなら代謝アップにつながる温かいスープや味噌汁が効果的です。

味噌汁の味噌は発酵食品で、「乳酸菌」「大豆ペプチド」「大豆イソフラボン」「サボニン」「コリン」「ビタミンE」「リノール酸」など豊富な栄養が含まれています。

乳酸菌による整腸作用による便秘解消や、サボニンとコリンにより脂肪を減らす作用など、味噌はダイエットに効果的な食材といえます。

吉岡里帆さんのダイエット方法5:多くて腹五分目、普通は腹三分目

吉岡里帆さんは高校入学時から食べたら食べた分だけ太りやすくなり、スカートが履けなくなったり、太ももにセルライトを発見した経験から食事管理には気を付けているそうです。

食事は「多くて腹五分目、普通は三分目」だそうです。太りやすい体質のため、以前は友達と焼肉を食べていたところを、今は夜中にめかぶで我慢しているとのこと。

大事な仕事の前は、朝昼の食事をプロテインにするそうで、ストイックな性格だといえます。

食事の量は少ないですが、早く寝ることや自炊による栄養バランスは、結局何週も回って大事だと語っており、足りない栄養素はサプリメントで補うなど、ただ痩せるだけではなく健康であることを大切にしているようです。

吉岡里帆さんのダイエット方法6:適度な運動

食事によるダイエットに加えて、ランニングや筋トレなどの運動も欠かさないのが吉岡里帆さん流のダイエット方法。

運動は少しでもいいから毎日続けるようにしているとのことで、気が向いたときに1時間ほどランニングをしたり、仕事終わりにもジムに通っているそうです。

休みの日は「ヨガ」「ピラティス」を行い、体型維持や健康管理も仕事のうちと捉えているようです。

最近は一駅分走って、一人でカラオケで歌って、ジョギングして帰ってくるというのがブームであると語っていました。

毎日運動を続けるには、吉岡里帆さんのようにカラオケを取り入れてみたり、楽しむ工夫をしてみてもいいかもしれませんね。

吉岡里帆さんのダイエット方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

吉岡里帆さんは、太りやすい体質であることから食事管理や体型維持まで徹底して行っています。

しかし、ただ細いだけや体重が少ないという痩せ方ではなく、グラビア撮影でも健康的な身体に見えるように努力しているそうです。

睡眠や栄養バランスを大切にしていて、休みの日には体調管理のために血液検査をしてもらうなど、健康であることをとても意識しています。

食事を腹三分目に抑えたり、プロテインに置き換えるなどのストイックなダイエット方法を行うのは少し難しいかもしれません。

しかし、フルーツや野菜中心の食事にしてみたり、身体を冷やさないようにしたり、軽い運動であれば長く続けることができそうです。

今回ご紹介したダイエット方法を取り入れて、あなたも吉岡里帆さんのような健康的でメリハリのあるボディを手に入れてくださいね。

吉岡里帆

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です